おはこんにちばんわ、ママブロガーみのる(@minorism3)です。

シングルマザーになってかれこれ3年が過ぎました。
いい加減、家計簿つけて締めるところは締めないとなぁと思いつつ・・・

みのる
ぶっちゃけメンドクサ~が本音のわたし

でもさすがに子供もいるし今後のことを考えても自分の家計費をしらないのはヤバい。
ということで節約の第一歩として!カンタン管理できるという家計簿アプリを始めました。

 

家計簿アプリを利用しはじめてまだ日にちも浅いけど節約への意識改革ができているようです。

みのる
アプリなんかでカンタンに家計管理なんかできるん?と思ってたけどなんだかんだ今も続いています
スポンサーリンク

今回つかいはじめた家計簿アプリ『レシーピ』

どれだけカンタン・ラクに管理ができるか且つデータが一目でわかりやすいかを基準に探しました。
探した中でわたし的に使いやすいと感じたアプリが【レシーピ】です!

家計簿レシーピ!簡単レシート読み取り家計簿アプリ

家計簿レシーピ!簡単レシート読み取り家計簿アプリ

無料posted withアプリーチ

選んだポイント

  • レシート撮影でカンタン記録
  • 円グラフ・棒グラフで収支が一目で確認
  • ゆるキャラが可愛くて堅苦しさがない

レシートを撮るだけで商品名・値段・合計金額などがデータ化されるカンタンさが本当に便利!

レシートの写りが悪いと正しいデータが取れなくて撮りなおすこともあるけど、1つ2つの修正は手入力してしまえばいいのでやっぱりラク!

みのる
まとめ買いしたときのロングレシートのときは特にラクやなぁ、と感じますね

もちろん1から手入力で記録することもできるのでレシート受け取りを忘れたときなんかも金額さえ忘れていなければ困りません。

 

また費目別の内訳データの確認も『使いすぎた!』や『うまくやりくりできている』など円グラフで一目でわかるのが気に入ってます。

※クリックで画像拡大

他にも

  • 外部サービス『Moneytree』と連携させるといろんなポイントの残高をまとめて確認できる機能
  • レシートリワードという規定のレシートを撮影すると楽天Edy・dpoint・nanacoのポイントが貯まる
  • 撮ったレシートの内容を読みとっておすすめレシピの提案がある

アプリ1つで何役もの機能があって使い勝手はかなりいいんじゃないかと思います。

 

家計簿をつける3つのメリット・デメリット

家計簿の3つメリット

  • ムダを減らせる
  • 貯金・貯蓄ができる
  • 計画的にお金を使うようになる

毎月の出費の内訳をまったく把握していないと節約・貯金ができるはずだったお金を無駄に使ってしまっていることがあります。
何にいくらつかったか?を知ることで取捨選択ができるようになるので余計な出費が減らせます。

みのる
買いもののときは「絶対に必要なモノ」かどうかよく考えて買うようになりました。
特にコンビニにいく回数は格段に減りましたね。

なにが必要不要なのか?をしっかり考えて買うようになるだけでもかなり無駄をはぶけるので節約に繋げられます!

 

家計簿のデメリット

  • 想像以上に支出がある衝撃
  • 自己投資がしづらくなる
  • 続けることが大変

あまりにも『家計簿つけなきゃ』と気負いすぎると精神的ストレスがたまります。
他にも資格を取得する・美容院へいくなど自分への自己投資さえ渋るようになってしまっては本末転倒です。

家計簿は家計の健全を保つためにつけるもの。

みのる
管理にストレスを感じたり必要以上に節制するようであればおすすめはしません。
スポンサーリンク

家計簿アプリをつけるようになったわが家の変化

  • 食費がかなり抑えられるようになった
  • 自炊が増えて外食へ行く回数が減った
  • ダメにしてしまう食材が減った
  • 買い出しが週1回になってラクになった
  • 親子ともに服を買いあさることが減った

ザッと書き出してみてもとくに食費関係が多いですが、かなりいい変化があるんじゃないでしょうか。

みのる
家計管理するようになって自身の適当さが目にみえてきました(笑)

おかげさまで最近ではスイーツを買うことが減った代わりに子供たちとカンタンなお菓子作りだったり、一緒にギョーザを包んだりと料理を一緒にする機会が増えたのもいい傾向にかんじます。

子供たちも割と喜んでくれているようで、むしろ毎週末なにか楽しみに期待されています(笑)

 

まとめ

家計簿をつける3つのメリット

  • ムダを減らせる
  • 貯金・貯蓄ができる
  • 計画的にお金を使うようになる

家計簿をつけてなににお金をつかっているのか?を明確化にしたことでこれまでどれだけ『本当のムダ使い』をしていたのかがよくわかりました。

食費や日用品・光熱費など変動のあるモノへの毎月の支出をほとんど把握していない人には特に家計簿をつけることをすすめたいです。

 

家計簿をつけはじめると『必要なモノ・不必要なモノ』を考えて購入する意識改革につながり毎月の生活費の見なおしになります。

スポンサーリンク

Twitterで最新情報をお届け!

RECOMMEND-こちらの記事も人気です-