おはこんにちばんわ、みのる(@minorism3)です。

 

先日、仕事関係でコーヒーに強くこだわりをもった喫茶店の元マスターに自分好みの美味しいコーヒーの淹れ方を教わるプチワークショップが緊急開催されたのですが、これがもう驚きの連続!

教わるわたしの姿勢があまりにも前のめりで同僚に「めちゃめちゃ顔がワクワクしてる」と言われるほどでした(笑)

 

今回教わったコーヒーの淹れ方はペーパーフィルター×ハンドドリップです。

お湯の温度・コーヒー粉の量・抽出の量は全て同じ条件の下、コーヒー粉の蒸らし時間・お湯のそそぎ方の違う2パターンを淹れてみるとコーヒーについてあまり知らない私でも味の違いが分かるほど淹れ方一つで「こんなにも違うモノなんだ!」と衝撃を受けました。

 

マスターいわく豆の種類・焙煎具合・挽く豆の荒さ・お湯の温度・ドリッパーの穴の数・・・などなどの小さな条件の違いでも味の違いがあるんだそう。

そんな細かい違いで味が変わるとはあまり思っていなかったのでコーヒーの繊細さに驚きです!

 

さて、今回わたしは自宅でも簡単に自分好みのコーヒーに調節できる2つのポイントを教わりました。

  • コーヒー粉の蒸らし方
  • お湯を注ぐ勢いと注ぎ方

 

この2つのポイントを知るだけでも自分で淹れるコーヒーにかなりの変化があるので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分好みの美味しいコーヒーを入れるための下準備

コーヒーを淹れるザックリ工程
  1. 器具をあたためる
  2. ペーパーフィルターをセットしコーヒー粉投入
  3. お湯を注ぎコーヒー粉を蒸す
  4. 蒸した後、お湯を注ぎ抽出
  5. コーヒーカップに移し完成!

今回教わった注目すべきポイントは手順3番と4番の『蒸す』と『抽出』です!

このポイントを知れば好きな時に自分好みの美味しいコーヒーが淹れれるようになります。

美味しいコーヒーを淹れるために最低限必要な道具たち6点

  1. ぺーパーフィルター
  2. コーヒードリッパー
  3. ドリップポット
    (急須スキッターがあれば尚よし)
  4. コーヒーサーバー
  5. 1杯10gの計量スプーン

好みのコーヒー粉を用意をお忘れなく!

必要器具が5点ありますが、コーヒーサーバーなんかは直接コーヒーカップにそそぐこともできるので最悪なくても大丈夫。

わたしがコーヒーサーバーを必要と感じている理由は『どんな具合でコーヒーが抽出されているのか』『どの程度、抽出量が出ているのか』という2点を目視で確認できることと数人分淹れるときにはあれば便利だな、と思う点です。

 

4点目のドリップポットの(急須スキッターがあれば尚よし)についてですが・・・

急須スキッターとは
急須の注ぎ口の先にさし込みスムーズに水切りをするためのアイテムです。

本来の用途とはすこし違いますが急須スキッターがあれば初心者でもお湯をそそぐ量や勢いといった具合の調節がしやすいのでおすすめ!

実際にわたしも初めて使ってみましたがお湯がドバドバッと出ることもなく一定量をスムーズに調節できたように感じます。

created by Rinker
パール金属(PEARL METAL)
¥198 (2018/08/18 02:53:40時点 Amazon調べ-詳細)

道具たちをお湯であたためる

  1. コーヒードリッパー
  2. コーヒーポット
  3. コーヒーサーバー(使用の場合)

この4点に沸騰したお湯を注ぎ少し時間をおいてあたためます。

道具やカップがあたたまったなぁと思った頃にお湯は捨ててくださいね。

point ★
ホットコーヒーの提供時の適温は75℃前後
冷えた道具やカップにより冷めてしまい風味が変わらないように道具たちをあたためてあげましょう!

これで下準備完了です!

 

実は重要。工程3のコーヒー粉を蒸らそう!

コーヒー粉を蒸らす必要性とは
コーヒー粉を蒸らすことで抽出の際に全体にお湯が行き渡り均一に抽出できるようにます。
また蒸らしでガスを放出することでお湯が粉に馴染みやすくなるとのこと。コーヒー粉本来の味を引き出すための下準備のようなものです。

コーヒー粉を蒸すなんて知らなくってザーッと注ぎ、コーヒー粉の本来の味を全く引き出せずに飲んでいたらしいわたし。

(ホントもったいない飲み方してたなぁ)

ペーパーフィルターからお湯が滴らないようお湯を行き渡らせる

中心から外にむかって円を描きながらお湯を注ぎます。

このときにペーパーフィルターからできるだけお湯が滴るか滴らないか程度に全体にお湯を行き渡らせるのがポイント。
数滴ほどならかまいませんがドバーッとはならないよう注意!

お湯を行き渡らせたあとは、蒸らし時間として60秒放置

(蒸らし時間には20~90秒と好みによって変動、また秒が長いほど濃いめに。短いほどさっぱりめに)

 

蒸らし時間がおなじ場合
注ぐ勢いもひかえめ・円を描くスピードもゆっくりと、じっくり蒸らしのお湯を行き渡らせるばあいは濃い風味に。
逆に注ぐ勢いもそこそこにサーっと円を描きサラッと行き渡らせたばあいはさっぱりとしたアメリカンな印象になります。

 

スポンサーリンク

『の』の字をかいてお湯を注ぎコーヒーを抽出しよう!

コーヒー抽出のためにそそぐポイントとして

  • コーヒードリッパーの中心で500円玉ほどの大きさに『の』の字をかきじっくりそそぐこと
  • 注ぐお湯の勢いとドリッパーから抽出されるコーヒーの量ができるだけ同じにする

この2点のみです!

 

ただわたしが実際に淹れてみて感じたのはお湯を腕だけでそそぎ続けるのは正直キツイことです。

一定のペースでお湯をそそぐので注ぐ利き腕が結構ツラくなってくるんですね。(わたしに筋力がないだけの可能性アリw)
なので脇を締めて体全体でお湯を淹れることをオススメします!

 

コーヒー1杯はおよそ140cc程が適量です。

必要量、抽出できたらあとはお気に入りのコーヒーカップに移して完成!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

  • 蒸らし
    ペーパーフィルターから滴りすぎない程度にお湯を行き渡らせる。
    蒸らしにおく時間は好み(さっぱり20~90秒濃い目)で変動。
  • 抽出のお湯のそそぎ方
    『の』の字をかくように500円玉サイズでお湯をそそぐ。
    そそぐお湯の量と抽出量の勢いをできるだけ同じにする。

このポイントを押さえていればさっぱりや濃い目などのコーヒーを調節して淹れられます。

 

またコーヒー器具もオシャレで可愛いものがたくさんあるので器具選びも楽しいですよ♪
自身で好みのコーヒーを淹れられるようになる今回のポイントを参考に至福のひとときをお過ごしください!

スポンサーリンク

Twitterで最新情報をお届け!

RECOMMEND-こちらの記事も人気です-