小学2年生の娘の反抗期?ママとして向き合い方を考えさせられた出来事

こんにちは、みのる(@minoru3_com)です。

先日、長女と大喧嘩をしました。
ことの発端は本当に些細なことから。
脱ぎっぱなし・出しっぱなし・開けっ放し・つけっぱなしのあらゆる”やりっぱなし”が目に余るほど最近の娘のだらしなさ目立っていました。
また親のいう事を従順に聞く子が良い子とは思っていませんが、あまりにもわたしの話を聞く耳持たずで耐えきれずわたしが叱ったことからです。

みのる
家の散らかりも酷くてキィーッ<(`^´)>

これまでしたことないほどの口論になりましたが、最終的に娘に寄り添えていなかったなと改めて反省する機会となりました。

スポンサーリンク

自分がだらしないことは理解していた娘

あらゆることの”ぱなし”についてや反抗的な態度について叱り、娘も図星と感じたのか悔しさからか?言い返したりと口論になりました。
お互い感情が一杯になり涙を流す瞬間もあったりと今までの中でかなり激しかったと思います。

しばらくしてお互いに気持ちも落ち着いてきた頃、次は懺悔タイムに突入。

  • 言い過ぎてごめん
  • 良いママじゃなくてごめん
  • ママの話を聞かなくてごめんなさい
  • ちゃんと片付けをしなくてごめんなさい

落ち着いて話していると娘本人も自分がだらしないことや放ったらかしにしたモノで散らかる部屋がイヤなことも理解し悪いな…とも思っているようでした。

長女
わたしがちゃんとしないのは良くないってわかってるけど…後でやろうと思って結局わすれちゃう

 

そしてなによりやらなきゃいけないとわかっていてもやっぱりめんどくさい、という気持ちも強かったんだそう。
後片付けをせずに次から次へと出しっぱなしやりっぱなしになって溜まってくるとさらにめんどくさい気持ちが大きくなってやらなくなる。

みのる
まぁね、ママも昔に身に覚えがあるしわからんくもないけどやからと言って注意もせず放ったらかしにするわけにもいかんねんよ

みのる
なにをするにしても、どうやったらめんどくさいと思う前に後片付け・後始末ができるか考えような
ママだってめんどくさいって思うことあるんやで^^;
スポンサーリンク

娘にもいろいろな葛藤があるんだと知る

いろんなことにごめんなさいが言えた後、落ち着いて話していくとどうにも学校や友達の事でイライラ・やピリピリと憤りを感じることが多かったようなのです。

  • 毎日学校に行かなきゃいけない苛立ち
  • 学校の勉強が難しい
  • そりの合わない友達との関係
  • いじわるを言う友達の対処
  • 妹がママを独り占めする

いろいろ聞きだすと本人の中でストレスも溜まっていたようで反抗的な態度や今回わたしが叱りつけたことで娘のイライラが爆発し強い反発が起きて激しい口論に至ったようです。

長女
○○ちゃんがいっつもわがままで、いじわるしてきても謝ってくれへんからイヤな気持ちになるねん。

みのる
まだ小さいと思っていた娘が人との関係に悩んでたのか…
そりゃ人間関係にイライラもすれば反抗したくもなるよなぁ...

日ごろから『学校でどんなことがあったか?』『友達との関係はどうなのか?』は極力聞くようにしています。
娘からも話をされれば聞いていたのですが、それでも”できごと”の話だけで核心的な部分までは話せてなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

もっと目線を子どもの目線まで下げる

少し不安になってしまって小学2年生の女の子の年頃具合についてネットで調べてみましたが、同じように悩むお母さんも多くいろんな悩みがみられました。

どの解決法も『親として叱るべきことを叱ったあとは、子どもと同じ目線まで下げて話をすること』と一貫してあげられています。
目線を下げることはわかってても実際どうやるの?と思っていたのですが、説明の一つにわかりやすいなと思った例えがあったのでご紹介します。

普段友達とどんな話をする時も向き合って対等に話を聞いて会話のラリーをしていると思いますが、そのまま同じ会話のラリーを子供とする。
『あぁだよね、こうだよね』なんて些細な話でも友達との会話って話が掘り下がりますよね。
要は”普段友達と女子会で話すように話せばいい”ということ。

まずわたしの反省点は子供を聞くときはわたしがご飯の用意や洗濯・掃除など大体”なにかをしているとき”で、片手間に子供の話をきいていることが多いと気付きました。

ゆっくりお茶を飲みながら話をするなんてほとんどしたことがなく、子どもの話を聞いている様で聞いてあげられてなかったです。

結果、大喧嘩したけど話す機会になってよかった

淡々と文章にしてますが、実際親子で大泣きの喧嘩をしていたのでもう今後こんなことがないようにしたいです。
しかし、今回のことで改めて子供への向き合い方を考えるきっかけになりました。

お互い言いたいことを言い合ったからか、少しスッキリして最近は以前ほどのだらしなさが改善されたように感じます。

話をするときは対等に話す
もっとゆっくり娘と話す時間をとってコミュニケーションを取りたいと思います。

みのる
あとは下の子が普段ほんとにわたしにベッタリで寂しい思いをさせていたようなので、今度2人でおでかけするのもいいのかな。

 

 

スポンサーリンク

Twitterで最新情報をお届け!

RECOMMEND-こちらの記事も人気です-